スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ちょっとおかしいぞ、日本のものづくり、消費者、そしてこの団体!

製紙業界で、古紙使用率の不正が内部告発で明らかになりました。でも、なんかおかしいぞ?ニュースも消費者も。
もちろん、製紙メーカーも非がある。それは逃れられないと思う。でも、もっとおかしいのはこちらの財団法人ではないだろうか?

財団法人 日本環境協会 エコマーク事務局


古紙の使用率がおかしいのなら、どうしてここでエコマークの審査に通るのだろうか?

「厳しい審査をクリアした商品だけが・・・・」と書いてあるけれど、何が厳しい審査なのか?と疑いたくなります。

ここのエコマーク事業部は何をしているのだろうか?ここの所属団体、日本環境協会の収支計算書も、大元に載っています。

財団法人 日本環境協会

エコマークの使用は1年ごとに更新が必要なようですが、使用料は売り上げに左右されるようです。更新時に再審査はしていたのでしょうか?何年もの間「自分たちの収入源」にしていたのではないでしょうか?

何度も云いますが、嘘をついているメーカーは悪い。ものづくりの基本を忘れています。

でも、審査機関も腐っています。こんな財団法人が成り立っているのはいかがなものでしょうか?

審査料21,000円/件とエコマークの使用料は「一体何に使われているのでしょう」

それが環境にやさしいと思って使っていた消費者はだまされ続けていたんですね、この団体がきちんと仕事をしていなかったのではないでしょうか?

嘘はついてはいけないです
でも知らないことは、それだけでも罪だということ
せめて政府の委託事業をしている団体であれば、せめてやるべきことはやって欲しい
何を信じればいいんでしょうか?

また紙は白いことが重要だと、それをメーカーに押し付けてきた消費者側のご都合主義にも問題があるのでしょうね。日本のエコなんて、リサイクルなんて、意識より先に政府のお達しがあるのですから、欧州各国の取り組みに比べて国民の意識は低いのだと思います。

でも、momoは学生時代に、わら半紙に輪転機でチラシを作っていましたから・・・極端な話ですが、そんな時代に戻るのを嫌がる国民性があるのかもしれません。

消費者のニーズにあった品質を維持できないから・・・と逃げるメーカーには、かける言葉もありません。さらに、1社ではなく大手が全部やっているとは、談合ではないですか?ものを作る現場がこれでは・・・悲しくなります。

わが職場では、この古紙配合率偽装のおかげでコピー用紙が入荷しません。まだ必要でしょうか?そんなエコマーク、そんな審査機関が。
スポンサーサイト
00 : 00 : 00 | quotidiano(よしなしごと) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<無事に 歯の治療終了! | ホーム | 今年の年末年始>>
コメント

momoさん、お久しぶりです。
ぢろさんもお元気でしょうか?
今日、久しぶりにtaroさんが遊びに来てくれたんですよ!
相変わらずの書き口でしたが、お元気な証拠と喜んでいます。

momoさんも大変だと思うけど、頑張りすぎないでね!
by: あかね * 2008/03/02 08:11 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://momo3diro3.blog14.fc2.com/tb.php/618-1a7bddf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

momoのご贔屓

Sky Clock

プロフィール

momo3

なんの話?

この頃の様子・・・

この頃のCOMMENTS!

この頃のTRACK BACK!

RSSフィード

捜しモノはナンですか?

ご意見・その他はこちらから~

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。