スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

CAPD外来(35回目)

今日の検査:血液検査5本セット、心電図

予定では胸部・腹部X線と予約があったが、結局主治医が捉まらないで?今日はキャンセル。

今日の結果:ぢろさんスペックからoutしたものは、TG、Pぐらいかな。今回もまあまあ。久しぶりにHtが35を越えた。WBCが高めだったが、CRP0.06と炎症の問題はなさそう。

検査部では有名人?のぢろさん。過去に、血ガスがあるのに・・・伝票を出し忘れて2回採血された経緯がある。今日は検査はほとんど待たず、ただ冒頭にあるようにX線は主治医の指示漏れ?で今日はキャンセルで次回に。

今日の主治医G先生は、雄弁気味。いつもと違う?感じの声で最初の一言があったから・・・・もしかして先生調子悪いのかなぁ?と思ったが、どうやら先生も絶好調の様子。あまり顔色が良くないが・・・まあ合格点かな。医者の不養生なんて言うけど、G先生は・・・たぶん想像を絶するくらい忙しい人。

その主治医の診察で、久しぶりに話が長かった。

# ぢろさんの後の2名様、毎度長くてごめんなさい。

調子はどうですか?から始まり、検査結果の読み上げ、注意が出るのはPだったが、TGの話になり・・・・ぢろさんは血液検査の日は『朝食抜き』で検査を受ける。いわゆるTGの検査は12時間絶食が基本なので・・・いつもスペックオーバーだから朝食抜きで・・・これまでずっと検査の日はそうだった。

そうなの?とぢろさんのTG異常を認識するG先生。こりゃぁ動脈硬化だな~なんて言われてもあまりうれしくはない。生保の金額が高いのは来年までなので・・・出来れば看護も大変なので、逝く時は長引かないように・・・お願いします、って奥さんの言う言葉ではない?!

動脈硬化で逝ってしまうには・・・血圧は?最近低め(最低血圧が低いほうがリスク因子は減るらしい)、でも体温が高めです、とぢろさん。最近汗かく感じが戻って、身体は汗っかきに戻りつつある。PD導入直後は、汗がかなり減った。いわゆる不感蒸泄。昔はもっと手のひらから汗かいてた、というと、体の汗と手の汗は・・・原理が全く違うといわれてしまった。身体に入れた透析液の保温のために、エネルギーが使われるために汗っかきになってる?どうだろう・・・。

これじゃぁすぐに逝くっていうのはなさそうだなぁ・・・との主治医の見立てである。奥さんも元気でなければ・・・といわれたが、ぢろさんが元気な時に具合が悪くなる?!momoである。昨年夏の今頃と比べて、調子がいいぢろさん。身体が慣れてきた、仕事のおかげ・・・などなどの考察。今のぢろさんの会社には感謝である。無理せずに仕事が出来る環境を持てたのは幸いだと、G先生にも言われる。

今回は意図的に話をPETに振った。先生によって頻度が違うらしいけど、G先生はどうお考えですか?と。これまでのPETでは、結局先のことをほとんど予測できないから、当てにしていないというのが先生のスタンス。旦那が入院時にやったPD-NAVIというJMS方式でも、1泊が必要だった。その割には悪くなる時は一気に悪くなるから・・・あまり評価にならないと。4年目ぐらいまでは目安にならない。本来なら1年に1度がいいのだろうが、その辺があってこれまで積極的ではなかったらしい。

これに対して、もう少し?簡易版があるそうで、それだと外来での検査も可能で、もう少し予測結果に信憑性?があるらしい。患者さんたちには悪いが・・・実験?とはいわないが、今後受けてもらうかもしれない。2ヶ月ぐらい先に検討しようか・・・との返事が来た。もっとも看護士の手配が気になる感じ。入院以来受けていないから、その時にはお願いしたいと思ってる。

以前から気になる?Crの値のわりにBUNが低いぢろさん。PD導入期でもわたしたちが持っているデータではBUNはMAXで70程度。Crがなんで高いんだろうね?筋肉質でもないのに・・・ぷよぷよしたぢろさんの代謝系は不思議が多い。G先生には貧乏ゆすりの癖がある?と訊かれてしまった。Cr15とかになったら、危ないからな・・・と釘を刺すG先生。

透析量が足りなくなったら・・・液量を増やすとか、APDとの併用なんかの話も出た。2.5Lはぢろさんのお腹では無理・・・と思うmomo。回数を増やす・減らす については、すぐに何かがおきることはない話は以前も聞いているが、間違って5回やっても問題はない・・・とのお墨付きはもらった。まあ、ずぼらなぢろさんが、回数を間違えて増やすとは思えないけど。

チューブの漏れなどのトラブルでも然り、お腹から出すほうの処置はかまわないが、中に感染源を持ち込まなければ、大慌てでなくとも落ち着いて病院に来てくれ、とのこと。回数に変化があれば申告してくれれば・・・それに比べれば、HDはシャントトラブルが起きたら早いほうがいいとの話だった。

# シャントの話にびびるぢろさん

momoは明日から2日ほど暇をもらいます・・・・という言葉に、G先生過敏反応。別に家出でも、ケンカでもないから。どこに行くの?といわれて、つい正直に答えてしまったmomo。ぢろさんのことが心配なのはわかるけど、意地悪してるわけではないんだからmomoは。仲良くしてくれよ~なんていわれてしまった。

いつもと同じように9000単位のエポジンと処方薬。来月の配達の処方もお願いして、診察は終了。

お薬をかかりつけの薬局で受け取る手続きをして、受け取りに行った。お薬のほかに、小ガーゼとウレパールを購入したら、大麦若葉と栄養剤を勧めてくれて、momoはそこで飲んできた。ぢろさんにはちょっとカリウム高そう・・・で一口だけいただいた。

他にもいろいろあった気がするけど、なかなか情報満載の楽しい診察でした。次回は3週後。
スポンサーサイト
22 : 38 : 55 | giornale(ぢろさん編) | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

昨日に続き怒涛の1日

仕事は・・・したと思う。でも、進まない。明日のプレゼンのためにがんばってるのに・・・欲張りだといわれても、これがわたしの仕事だというデータは出したい。

# いぢめる上司に逆らいながら・・・本筋だけ出来上がりで
# 今日もお持ち帰り・・・カナシイ

さっさと直して、報告書も書かねば・・・お持ち帰りなんて明日はしたくない!

不良主婦とボンクラ職員を一緒にやると・・・自分の分がなくなってしまう・・・・!ぢろさんにもしわ寄せで申し訳ないけど明日まで、明日まで。全部何とかするから。

この苦境を超えたら、木曜日から関東に行きます。家を空けて2日間お勉強に出かけます。きっとバージョンアップ!でニコニコで帰ってこれることを願いながら。コノヤロー!負けない、負けないで何とかしなけりゃ!
20 : 52 : 19 | laborata(お仕事) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

車の中で・・・

病院に向かう途中・・・いろんなことを思い出した。筋腫なんてすぐに死んだりしない病気だし、発覚からすでに4~5年経っている。ストレスが原因と思しき症状があちこちに出てくるのが辛いけど、特に生命の危機に晒されたことがないmomo。

それでも、向かう車の中でたまたま流れるかけっぱなしのMDの曲がお気に入りだったりすると・・・きっと大丈夫!なんて非科学的な妄想をしてみたくなる。非科学的な妄想・・・・。

ぢろさんの透析導入宣言の日、momoとぢろさんは県の腎臓病協議会の事務所を訪ねた。今日の診察で今後のことが決まるんだけど、市内の透析可能な病院を教えて欲しいと。夜間透析が出来る病院など、情報をいただいた。その日のことはよく憶えてる。

ぢろさんの『今日の結果が良くて、もう少しがんばれるといいんだけどな』という願いは、午後の診察には打ち砕かれるんだけど、根拠のない自信?みたいなものだけはいつでもあるぢろさん。それでもさすがにどうにも出来なかった。

今日は南風だから大丈夫 だとか、
大好きな曲が流れたからいいことありそう だとか、
非科学的な お馬鹿な妄想・・・

願いに近いそんな妄想を 思い出していた。
momoも弱ってるのかなぁ?
21 : 19 : 08 | essere(ときのは ことのは) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

MRIの結果(筋腫は何処に?)

先週のMRIの結果を聞きに病院へ行った。ぎりぎりの時間まで仕事をして、14時までには仕事に戻るつもりでいたが・・・思ったより待たされた。予約なのに・・・1時間は当たり前だと言われても、新患の番号が進んでるのに、予約がそんなに待たされるのかよ~。

11時半ごろ病院に着く。午後の打ち合わせの資料を抱えて・・・12時の予約まではデータとにらめっこ。でも、12時半を過ぎるとさすがに不安になる。14時まで戻るのは無理かも~、予約変更して今日は帰ろうかと思った。

予約の表示が12時になった頃に中の待合室に移動。長い、待ってると長い。でも今日は結果を聞くだけだから早く済むかなぁ、と思いつつどうやら12時の予約の一番最後だったらしい。

バサバサする音がしたから、次はわたしかな?と思ったら『momoさ~ん』の声。ビューアーにMRIの結果が表示されている。はじめてみる自分の輪切りの画像・・・と思ったら、横に輪切りではなく、縦に切ってある画像だった。おへその辺りから足の付け根付近までだろうか、1cm?間隔で撮った画像だそうである。

これが背骨の中心の画像、ここに一番大きなものが4.7cm、輪切りの向きからすると右半身側に寄ったところに2.5cm、この辺とこの辺・・・に1cmが2個の合計4個が確認された。

# 複数ある可能性は・・・他から仕入れた情報で覚悟していたけど
# こういう風に見えるのか・・・・と感心。
# 内臓脂肪や皮下脂肪も写るのでは?(ちょっと恥ずかしい?!)と思ったが
# そんなことには無関心そうな主治医のO先生。

とりあえず現在痛いときに飲んでる鎮痛剤は、バファリン。1日2回しか飲めないし、飲むと若干眠くなるので使用量の半分しか飲まないので効かないと痛いし、何か眠くならない鎮痛剤を処方して欲しいと告げる。

最近は鎮痛剤と一緒に胃薬も処方するのか~?!以前眼の病気でプレドニンを飲んだ時はガスター付だった。今回はロキソニン(鎮痛剤)とセルベックス(胃薬)の処方。痛い日だけ飲めればいいのでたくさんは欲しいわけではないんだけど、これぞと言う痛い日に使える薬を貰えると、気分的に楽になる。

結局この薬を飲んで3ヶ月様子を見る。3ヵ月後に筋腫を確認して、大きくなければ6ヶ月ごとに経過観察とのこと。

待ったワリには、診察自体はそれこそ5分かそこらだった。まあ仕方がない。診察が終わったのが13時20分頃か、このあと会計に向かう途中で、ぢろさんの主治医G先生とすれ違う。

G先生とは何度か病院内ですれ違うが、なんかいつも思うんだけど・・・わたしがすれ違う時はうつむき加減の時が多い。お昼ごはん食べたのかなぁ?外来の方へ向かっていくのを見送って(小さく会釈したけど気が付かなかっただろうなぁ)会計が終わるまでさらに気をもみ・・・その待ち時間に隠れて?持参のおにぎりをほおばり、全部終わったのが13時半を過ぎた頃だった。

あわてて上司に連絡を入れる。間に合わない。遅れます。

急いで仕事に戻り・・・所用を終えて。今日の予定は全部こなして・・・やっと今。疲れた1日だった。
21 : 03 : 04 | clinica(momoのかるて) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

はじめまして・・・

今日から全面公開にします。Yahoo!からexcite、livedoorといろんなところを転々としましたが、こちらに引っ越しました。

momoは技術系でちょっとヘンなおばさん。
ぢろさんはmomoの旦那さんでCAPD2年生のでっかいお腹のおっさん。
たろさんはmomoのお友達で職人さん。

HD/PDにまつわる話、momoのグレながらの生活、ぢろさんの毎日、たろさんの愚痴口などなど、他愛のない話を綴ります。
18 : 11 : 38 | benarrivato(ようこそ!) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

本当なら・・・

今日は 社労士の試験だった。行きたかった。

1ヵ月半ぐらい前に今年の受験を諦めた。それなりにいろんな事情があるが、それを考えても、毎年この時期に試験があるのではたぶん受験なんて無理・・・。哀しい。

言い訳がたくさんできるのでは・・・もっと哀しい。
13 : 36 : 24 | pochino(ちょい書き) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

食事療法(保存期と現在)

腎不全保存期から食事療法はとても大切な治療の一部だと思っている。momoはぢろさんと暮らしてから・・・一応食事療法のための栄養指導も何度か受けている。

保存期の食事療法は・・・たぶん主治医の考え方でいろいろあるんだと思う。ぢろさんは、一時期某先生の著書による食事療法に傾倒していた。その先生の講演をわざわざ聴講に東京まで行ったこともある。○○方式、と言えば知る人ぞ知る?食事療法だと思う。

保存期は本当に辛かった。お米の美味しいところに住んでいるにもかかわらず、ぢろさんが『まず(い)飯』と言う低たんぱくご飯を使い、たんぱく質は1日40g、塩分は7gだったと思う。食べさせられない辛さを『食べるほう』が理解してくれていたとは思わないけど、暮らし始めて最初は『減量』で痩せさせながら『減塩』と『低たんぱく』に切り替えていく。

それでも、導入前は・・・たんぱく質なんか度外視で食べてもらうのが大変だった。あとで某所の講演で知ったが、導入前は何が何でもカロリー確保が重要になってくるらしい。食べさせるためにがんばったよmomoも。

そして、導入の入院の時には『低たんぱく食のやりすぎだ』と叱られた、主治医に。でもね、ぢろさんの場合BUN/Crの値が絶対10にはならないんだもの。導入時でもBUNは60を超えなかったと思う。

# G先生、momoはそれで結構凹んだぞ~
# 病院食のたんぱく質40gで喜んでるぢろさんを見て・・・情けなかった、自分が。
# 意地の悪い妻に見えたんだろうな・・・。

今はたんぱく質70g、2000kcalといわれているが実際にはそこまで食べていないと思う。

実際に、食事療法は必要だと思う。CAPDだから食事は無制限、おしっこが出るから水も無制限、なんてことはしていないし、ぢろさん自身も絶対量はさることながら自粛モードを励行している。

カリウムが高いものが多いと、『本当にCAPDの患者か?』と主治医に言われたりするくらいカリウムが上がったこともある(じろさん自身は他にも原因があると思っているみたいだけど)。リンについては導入時にPTHが高値だったこともあり、検査結果には気をつけている。

気をつけても・・・検査の結果になんか反映されない!と言ってしまえばそれまでだけど、食を気をつけることで貧血も酷くはならないようだし、それなりに傾向はある。

主治医に『また実験か?』とか言われながら・・・日々精進しています?!

今年の夏は比較的元気で、食欲も旺盛。たくさん食べることは出来ないけど、それなりに食事が楽しければ・・・それが一番いいとmomoは思ってる。

食事療法の実際は・・・追々書きます。
12 : 07 : 50 | dialisi(PD) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

きょうの練習(転身搬攔捶と左右穿梭)

来週日本太極拳連盟の1級の試験を受ける人がいて・・・先生も細かい指導がはいる。わたしたちも来年は受験しなさいと言われてるけど・・・。

転身搬攔捶
(1)転身の部分できちんと向きを変える。足の位置がそのあとの立ち位置を左右するので注意。
(2)振り下ろす拳は相手の顔を狙うもの、下げすぎない。
(3)拳は向きを返しながら隠すように脇に引くのであって、腕に身体が振り回されないこと。
(4)隠した拳を前に突き出す。出す腕と引く腕を肩・ひじ・手の順で逆の動きで緩める、拳は突き出して縦にする。
(5)拳をとく時はボールを抱える感じで丸く。手のひらは向き合う。そのまま後ろに下がりながら腕を腰まで下げ・・・攬雀尾といっしょ。

何度も注意されてるんだけどね。立ち位置もさることながら、腕に振り回されるのは何とかしないと。momoはどうしても拳を突き出すタイミングに拳が間に合わない=腕を振り回しすぎ。

左右穿梭
足を出す向きが問題。最初の1歩目の向きで・・・足の幅を保てなくなる。60度-腰を回して-30度の向きに足を出す。そこで弓歩になったとき、足の幅が取れること。

手の動きも怪しいが、足はやっぱり難しい。書き方はおかしいけど?先生の注意を忘れないために・・・の忘備録です。
13 : 41 : 09 | taijiquan(太極拳) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

仕事で・・・お問い合わせ

この1年くらいで数回分析を話題とした講座を開いている。momoが言いだしっぺ?なので、ほとんどの時間をmomoが受け持ち、基本的なことだけをまとめて話す。各論は装置担当が以降を受け継ぐ形で、総論を半日ほど受講していただいている。

この講座を受講した企業の方から連絡があった。いつでも何かあったら問い合わせてください・・・が常套句だから拒めない。仕事は折りしも佳境で・・・週末・月末に問い合わせが集中するのが世の常。

# 事務担当には『営業活動も効果ありか?』なんていわれてしまう・・・。

昨日の問い合わせは・・・表面形状の測定方法だった。表面粗さを測りたいけどどの装置で測定できますか?という質問。測定したいモノの大きさや形で、残念ながら装置は試料を選んでしまう。

測定装置はどれでもそうなんだけど、万能で何でも測れる!なんていうのは実際問題不可能である。長さの場合、測りたい長さによってGPS(全地球測位システム)からSPM(走査プローブ顕微鏡)まで、kmからnmまですべての範囲で測れる物差しはない。そして、測定装置によって誤差も違うし測れる範囲も違う。

どちらかと言えば小さい単位の測定が得意な装置を5台ほど調べて・・・先方にメールで連絡。粗さのレンジではnmの範囲に入るが、測定距離がmmレベルで・・・すべてを満足できそうな装置はないのが現状。測定条件を検討する余地があれば・・・という仮定つきで、SPMを薦めた。

来週相談に来ます、なんて言わないよね?まだ忙しいんだから。
07 : 38 : 26 | laborata(お仕事) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

もしも・・・・

疲れがたまって・・・精神的にも狂いだす?もう時間がないと思うと、仕事も何もかも投げ出したくなる。最近へたれのmomo。

もしも・・・は、ありえないんだけど
『明日の朝起きたら、momoがピーピーうるさいももんがになってしまったら・・・どうする?』
とぢろさんに聞いてみた。ももんがでなくても、なつかない猫でもいいし、耳の遠い犬でもいいんだけど。ぢろさんは犬が苦手だから・・・犬だったら追い出すかも と言われてしまった。

ももんがはピーピーじゃなくてきぃーきぃー鳴くと思う・・・

それが返事かよ~。

momo:稼いでこなくなっても追い出したりしない?
ぢろさん:ももんがはきっと栗が好きだから毎日天津甘栗買ってきて分けてあげる。
momo:どんぐりとかじゃないの?
ぢろさん:いいの、甘栗で。
momo:檻に入れちゃうんでしょ?
ぢろさん:檻に入れないで・・・繋いでおく。
momo:繋いじゃうの?
ぢろさん:どこかに飛んでいかないように。
momo:ぢろさん独りで焼肉食べ放題とかやるんでしょ・・・
ぢろさん:しないしない。

本当かなぁ?もちろんmomoはももんがに似てるとぢろさんは言うけど、普通のをばさんです・・・・。
23 : 09 : 28 | quotidiano(よしなしごと) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

momoの懺悔

素直にごめんなさい・・・仕事とはいえぢろさんより遅く帰るときは、ちょっと申し訳ない気分になる。暗い部屋に帰らせるのは、やはり気がひける。でも今週は・・・仕方がない。言い訳はしないけど、momoが悪いんだ、きっと。

帯状疱疹のおかげで・・・手抜きの家事なのに、輪をかけて食欲がないから食事の支度が・・・嫌でたまらない。無理して食べようって思っても、作ってるうちに食欲減退だからなぁ。

少しずつ元に戻っていくけど・・・もう少し暑さが去るまで、素直にごめんなさい、不良主婦で。
21 : 16 : 19 | pochino(ちょい書き) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

どうってことのない朝なのに

陳 敏 のfeel the moon を聞いていたら・・・突然堰を切ったように感情が溢れだす。琴線に触れてしまったらしい。いろんなことばが、閉じ込めておいた心の底から、momoの意志に関わりなく止め処もなくあふれ出す。

ごめんね・・・ウソ偽りなくゴメンナサイ。
ホントウはみんなに言いたかったんだ、ありがとう って。
普段は大きな声出してるくせに、どうして声に出せないってか。
声に出して泣けるのなら・・・泣きたいと思う錯覚。
風の音、雲の流れ、空気の色 いつから感じなくなった?
優しい声が 通り過ぎる 錯覚に とらわれる。
むかし聞いたヤサシイ声、誰の声かも忘れてる。
ありがとうって言いたいんだってばぁ、聞いてくれなくても。
みんなのおかげで みんなのおかげで
momoは何の役にも立てないけど、ここで生きるしかない。

陳 敏の二胡を聞いてると、それが初めて聞く時から「懐かしい」という思いにとり付かれて、逃げ出せなくなる。
07 : 44 : 42 | essere(ときのは ことのは) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

帯状疱疹 その後#2

今日の夕方、皮膚科に行ってきた。ずいぶんよくなって来たわねぇ、と先生は言っているが、まだ跡が残っているのでそれを消す?お薬を出しますとの事。痛みがあるときは使わないで、という指示だった。(容器に移し替えたもので何が入っているのかは不明・・・)

左の肩の周りに発疹が出ているので、上半身は裸になって話していたが・・・右の肩口の絆創膏に目が行った先生。何それ?

昨日のMRIのときの注射の跡だった。お腹の動きを止める注射を昨日検査で打った、と話したら、どうやらここから採血?したのかと勘違いしたみたい。

実際によくなってる感じはあるけれど、先生に『あなたが帯状疱疹になったのは疲れたせいなんだから、まだフル回転でお仕事しないように・・・動けるからってまだ完治してないと思って気をつけること・・・』と釘を刺されてしまった。お見通しか・・・。

わたしの身体の心配を一番してくれているのは・・・皮膚科の先生かも。momoですら酷使モードに移行しかけているのに。どうって事はないんだけど、皮膚科に居る時間だけ癒された気分で帰ってくるmomoでした。
18 : 12 : 53 | clinica(momoのかるて) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

Taroさんの 1年

たろさんが、お腹のカテーテルを抜く手術をして今日でちょうど1年になった。たろさんは何事も過去には興味がないのか?いつものように「わすれていたよ、何の事だかわからなかった」というメールが届く。昨年の今日もいい天気だった、もっと暑かったけど。

たろさんはCAPDからHD移行後、出口部の感染が原因で1年も経たずしてカテーテルを抜いた。詳しくは知らないが、通常1年以上腹膜の洗浄だけを続けることもあるそうで、その洗浄が腹膜硬化症の予防になっているのか?その辺のはっきりとしたエビデンスがあるのかどうかは、患者側の知りえる情報としては少ない。

わたしが知ってるたろさんは、毎朝1000ml注液で800ml排液、200mlお腹に残していたと思う。しかし、知り合った頃の話だと、病院からのカテケア用の消耗品の配布が止まってから(保険の関係?)、出口部の調子がよくなかったらしい。腹膜炎の経験はないはず。出口部から膿?何て話もあったので、何かに感染していたことは事実と思う。

たろさんのHD移行は除水不足が原因だったと思う。一時期併用の話もあったらしいが・・・実際には併用の時期は非常に短かったらしい。

たろさんは、心臓に持病がある。カテーテル留置の手術のほかにもいろいろ身体を切ってるようだし、昨年の今日はmomoは遠い地でたろさんの無事を祈るしかなかった。胃が痛かったナァ、あの日も何も食べられなくて、忙しくて、暑くて、いい天気だった。

どれくらい心配したって、そんなことをしてもしなくても、手術の結果を左右するわけではないが、黙っていられなかった。ぢろさんの手術は延びても大した時間ではなかったが・・・たろさんの手術については本人が回復するまで連絡待ちだったし、もし仮に何かがあっても、たろさんのことだから本当のことをmomoには知らせてよこさない可能性もあった。

ぢろさんの手術前に、口から心臓が飛び出そうなくらい脅かされた出来事があったが、この日はいつ心臓を吐き出してもおかしくないくらい?!1日中不安で心配だった。

結局この日は連絡もないだろうし、心配しても伝わらないだろうし、病院にでも連絡しないことには何もわからないし。momoは1日気を揉むだけの1日だった。

それがどういう1日なのか?たろさんにはうまく伝わらないと思うけど。遠いはるか彼方であなたの痛みを独りで引き受けていた気分だった。momoはお莫迦だと思う、愚かのほうが正しいのかもしれない。
more >>
17 : 40 : 56 | talora(Taroさん編) | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑

免疫力を上げる「食」の本

入手方法:購入(書店で)
本の詳細:2005/09/21第2刷 オレンジページ発行
免疫力が下がって・・・帯状疱疹になってしまったmomo。その時からちょっと免疫力が上がる?手法を考えていたんだけど、書店で目に付いた。

黄色いバナナの表紙!ものすごいインパクトである。

そのままで免疫力アップの食材に、
ヨーグルト・みかん・バナナ・にんじんジュース・緑茶・干し柿・キムチ・納豆・キウイ・アーモンド
が上げられているが・・・ぢろさんにもたろさんにもたくさん食べられるものはない。momoは納豆がNG(たろさんも、だね)。どれもカリウム高そう。透析している人、特にHDでは高カリウム血症が怖いので、生野菜でもたくさん摂れないのに。

ぢろさんは免疫力のためにヤクルトを不定期で飲むようになってからちょっと調子が上がったので、たろさんにも勧めたけど飲んでるのかなぁ?その割にはお腹の調子良さそうでないし。

ぢろさんはまだカリウム制限はないけど、春先にバナナとかぼちゃでちょっと高めになったので、今はバナナ半分を2~3日に1回程度食べる。これにイモ類摂取だとカリウムオーバーしてしまうから、気をつけながら。

# momoの免疫力を上げる話だった・・・

momoはもともと胃腸病みなのでヨーグルトをよく食べるようにしてる。お気に入りは小分けになったブルーベリーヨーグルト。こまめに食べるが、毎日ではない。

「腸を元気にしてないと腹膜炎になってしまう・・・」なんてぢろさんは言ってるけど、根拠はない?!かどうかは別として、免疫力が高いほうが元気で手間要らずだから、momoは自分のことよりぢろさんの調子に合わせてしまうんだろうなぁ。
more >>
20 : 12 : 58 | scaffale(書棚) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

MRIの検査

今日は検査で病院にこれから行ってきます。MRIで筋腫を調べてもらいます。初めての検査だから、ちょっとドキドキするかなぁ?

でも・・・
ぢろさんもたろさんもこれまでいろんな検査受けてるんだよね。もちろん筋腫の検査はないにしても。そんなことを考えながら、午前中の仕事をしていました。

いろんな検査を受けて、ここが悪い、この機能が低下した、こうしたほうがいい、この薬に替える・・・治療のためには必要なんだけど、momoは脳天気?!というか、あまり検査なんか受けたことがないからだろうか。年中?検査ばかりで、指導や投薬ばかりでは、慢性疾患とはいえ疲れるよね。患者も家族も。

果たして検査の結果は・・・って今日のうちには検査結果は出ませんが、検査の報告をあとで追加します。
more >>
12 : 25 : 50 | clinica(momoのかるて) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

予定変更

どんな仕事をしていても「大至急で!」という飛び込みの予定はあると思う。でも、1週間前に決まっても『絶対物理的に間に合わない仕事』というのもあるわけで。はい、momoの見積もりでは間に合いません、時間をかけないと出来ない仕事の場合は、わたしががんばれば何とかなるものではないんだから。

それでも・・・がんばらないわけには行かないので、今朝はじめた測定をキャンセルして、急ぎの試料に取り替えて、データをまとめる支度をして・・・。ため息が出てしまう。

予定変更。ぢろさんには悪いけど夕飯のしたくも出来ません。ご飯炊いて、自分で何か食べてくれるとうれしいけど、そこまでは期待できないし。結局レトルトのカレーを食べてもらい、momoは手抜きのあっさり?夕食、食べられたのは20時過ぎならまだいいほうか。

来週の月曜まで・・・・地獄のようです。
21 : 10 : 58 | laborata(お仕事) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ほんとうはね

ロードマップを書こうにも 先が見えない時代だそうで
先が見えないということは 誰にでも同じ条件だと思うんだけど
未来を予測するのは大変でも せめて明るい未来は描きたい
バラ色の将来は約束されなくても せめて夢ぐらいなら

そうは思っても 足元の暗がりを照らす明かりがない
どしゃ降りの雨を歩く傘がない

みんながうらやましく見えるとき 心がひもじい
何かが変われば 何かを変えれば 何かが変わるとき
何かに期待しても 何も起こらないことはわかっているのに

今日の夕飯の支度が気にかかりながら 未来の夢は描けない
12 : 29 : 44 | essere(ときのは ことのは) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

絶好調のぢろさん

このところお腹の調子がいいぢろさん。免疫力下げて?いま一歩のmomoを横目に・・・よく食べる、よく食べる。momoはまだお腹の調子がよろしくないのに、天麩羅食いたい・・・と言われて、momoはついていけないよ~。

かく言うぢろさんも、昨年の今頃は調子が悪かった。失業して、暑くて、食欲もなければ疲れやすかった。何かあればすぐ横になってた。1年目は自分の身体の調子を過剰評価?で、よく調子を崩したけど、今年は比較的安定している。

昨年の今頃から、導眠剤(レンドルミン)と胃腸薬(マーズレンS)を処方してもらっている。

レンドルミンは毎晩半錠しか飲まないけれど、このところ調子が良さそう。よく眠れるらしい。以前は眠れない時期もあったんだけど。胃の調子が悪いなんて以前は全くなかったぢろさんだけど、時々痛い時だけマーズレンを飲んでいるらしい。

調子がいいのはそれだけではないのかもしれない。春から会社に勤めだし、暑くない雨のない日は歩いて帰ってくる。約1時間かかるけど、バスを使っても時間の関係であまり帰宅時間は変わらない。

退院したての時は歩くのも大変だったけど(体力落ちちゃってね)、いまは歩くだけなら1時間は平気になった。それだけ元気なんだよね。

向かいでぢろさんVAIOに遠近両用眼鏡をかけながら・・・ネット遊びのぢろさん。元気が何より!だけど・・・たまには家事も手伝ってね。
18 : 46 : 12 | giornale(ぢろさん編) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

Blogを使ってみて

最初はYahoo!だった。だからある意味Yahoo!の使い勝手がmomoのデフォルトだったのかもしれない。

Yahoo!のいい点:

編集しやすい。普段のblogのページがそのままだから、視覚的に苦痛が少なかった。これがデフォルトだと思うと、ほかのblogは使いづらいと思ってしまうところが多い。
訪問者などの表示から、他のページにアクセスしやすかった。
Yahoo!の悪い点:
ベータ版をいいことに、何が理由かわからない障害が多い。
非常に時間帯でアクセスのしやすさに差がある(要は重い!)
著作権がYahoo!になってしまう!!!何てこったい!!

次に引っ越してみた・・・exclte。これはまだ残してあるけど、最終的にはここに全部移動します。これはYahoo!に似ていて使いやすいんだけど・・・

exciteのいい点:
使いやすさはYahoo!並み。何も知らなくても使える。楽チンではある。初心者向け。
exclteの悪い点:
著作権が・・・他人の著作権だけ書いてあるけど、blogの著作権がよくわからない。
容量制限・・・まあ普通は使い切ることはないんだろうけど。気になると、ちょっときになる。

そして公開したけどやはり引き上げるlivedoor。サービスは気に入ったんだけど、どうしても反応が鈍い。更新のたびにストレス・・・。

livedoorのいい点:
カテゴリーを2つ指定できるから・・・わけやすい。ぢろさんとCAPDの話なんかは混ざってるから。
投稿の仕方はFC2とあまり変わらないけど、こちらのほうがストレスは少なかった。あまり違わないんだけどね。
その他、プラグインは豊富。でも、テンプレートが必ず対応してるとは限らないので注意。
livedoorの悪い点:
更新のたびに・・・・非常に時間がかかる。これはNG。
あまりテンプレートの使い勝手がよくない。編集したくても素人には手が出せない。もう少しわかりやすく手が入れやすいといいのに。

そして結局ここFC2に落ち着く。
FC2を最後に選んだ理由:
テンプレートが何ていっても豊富。手直しも考慮に入れたテンプレートを書いてくれてるので、何も知らなくてもちょこちょこっといじれば、copywriteぐらいの手直しは出来る!もうすこし勉強したいけど。

ついでに好きなテンプレートをいくつかDLしておいて、変更しながらセーブできるのがうれしい。発表前に練習できる感じ。いくつかお気に入りがあって、わたしも途中で変更するかも。

容量がデカイ。画像はそんなに使うつもりはないけど、広さを気にしないでいい。でも、自分でどのくらいの広さを今使ってるのかがわからない・・・(この点はlivedoorだと管理ページでわかりやすかった)。

著作権は、blogの本人!これはうれしい。

モブログはまだ使ってないからわからないけど・・・。

とりあえずはここにしばらく住もうと思います。
07 : 48 : 55 | quotidiano(よしなしごと) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

改訂3版 よくわかる透析療法ハンドブック

入手経路:図書館より
本の詳細:太田和夫/(株)メディカ出版/2002/08/05:第3版第1刷

本はちょっと古いけれど、医療従事者の初心者向け。透析を知る人なら一般の方でも読める内容。一般向けより少し踏み込んだことも書いてある。CAPDの内容も入っている。食事療法について1/5ぐらい割かれている。精神的な問題点も書かれている(透析医で透析者である春木先生の担当部分がある)。

特に新しい知見を探すには向かないけど、これから透析に向き合う人にはいい本になるかも。
more >>
06 : 15 : 00 | scaffale(書棚) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

日経サイエンス2005年9月号

生命の時計を止める 仮死状態の医療応用 p16-23
スペシャルリポート 幹細胞の未来 p63-93

奇しくもどちらも臓器移植に関わりそうな話。日経サイエンスにしては珍しくない医療関連のレポートだけど、今回の記事は結構難しいので、理解に時間がかかる。

何度も読んだ、何度もね。休憩室のカウンターの上でカップラーメン食べながら。判らない訳ではないところまで理解は進んだと思うけど、まだまだ再生医療には遠い道のりが待っている感じ・・・。

先日・・・ISLANDという映画を見た。これは他で批評を読んでいただければ映画の出来はわかると思うけど、保険で臓器を再生するために育てられたクローンたちの話。こんな世の中になったら?複雑な気分だが、未来に起こらないわけでもない事実なのかもしれない。
more >>
12 : 30 : 00 | scaffale(書棚) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

帯状疱疹 その後#1

詳しい経過は続きに書きますが、7/31の朝に発覚、8/1午前に皮膚科受診・・・・・今はほぼ治まりました。ただ、痕が残らないように?まだ週1回の通院を言い渡されているmomoです。

帯状疱疹なんて自分でなるとは思わなかった。雅子さまで有名になった?病名。momoは比較的軽かったと思われる。それでも痛みが取れるのに約2週間程度、まだぼつぼつの痕は残っています。

もともとは水疱瘡と同じウィルスが原因ですが、水疱瘡は最初に感染して発病したもの。帯状疱疹は、1度罹った水疱瘡のウィルスが神経節(どこなんだろ?)から免疫力が落ちた時に暴れだすもの・・・だそうです。

momoの場合、抗ウィルス剤を1週間服用、痛み止めを10日程度服用、塗り薬を3種類、そして今は保湿剤(ヘパリン入りって書いてるけど・・・)を使用しています。
more >>
18 : 00 : 00 | clinica(momoのかるて) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

カーボンナノチューブの材料科学入門

入手経路:図書館
2005/03/22 初版第1刷・齋藤弥八・コロナ社

内容としては難しかった。構造と成長の章は参考になったけど、それ以外はCNTをそのまま?何かデバイスに利用する話で、どちらかというと材料専門の話になってくる。構造の理解には役立つが、わたしには難しい。グラフェンやカイラルベクトルの説明は他の本になかったので役に立った。この本の前段に書かれた本のほうが良かったかも(でも図書館になかったしなぁ)。
more >>
14 : 33 : 46 | scaffale(書棚) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

常用就職支度手当

雇用保険は・・・大変お世話になったけど、これが最後かな。お勤めの前日に職安から貰ってきた、常用就職支度手当の支給のための書類が会社から戻ってきた。就職後1箇月以内に持ってきて欲しいといわれたらしい。会社に書いてもらった書類は、

常用就職支度手当支給申請書
再就職手当支給申請用 関連事業主についての証明書
採用期間の更新予定について

の3種類。この他に雇用保険受給資格者証(いわゆる認定のときに持って行ってチェックする用紙)を提出する。

常用就職支度手当の支給要件として(就職困難者で、職安の紹介で就職)
(1)待機と給付制限の期間が経過したあとの就職である
(2)1年以上引き続いて雇用されることが確実である職業に就くこと(短時間労働被保険者に該当の場合は×)
(3)再就職手当(早期再就職支援金)の支給が受けられない
(4)離職前の事業主に再雇用でないこと
(5)過去3年以内の就職で、再就職手当、常用就職支度手当、早期再就職支援金を支給されていない
(6)原則、雇用保険適用事業主に雇用されて、被保険者になること
(7)就職日前日まで支給残日数が残っていること
と受給資格者のしおりに書いてある。

支給残日数によって支給額は異なるが、ぢろさんの場合支給残日数が45日以上90日未満だから、
基本手当日額×支給残日数×3/10
になる。

前に会社に勤めた時は給付制限期間が今のように自己都合退職で3ヶ月でなかったから、早期再就職支援金をもらったらしい。その頃は興味がなかったから、全く知らなかったけど。

書類は郵送でもOKらしいが、今度の診察の日は1日お休みになるので、その日に行ってもらおうかなぁ。

これを職安に提出でめでたく?雇用保険関係の手続きは終わる。実況みたいになってしまうけど、ついでにしっかり憶えておかないと!
21 : 30 : 00 | giornale(ぢろさん編) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

タイジョウホウシン?!

タイジョウホウシン だそうである。我慢しないで病院に行ってよかったのかも。でも、なんとなくむず痒い状態と薬でぼんやりしてる・・・

昨日左の鎖骨付近に見つけた赤い発疹。薬局のお薬をつけて様子を見ていたが、強烈な?!ステロイドをつけているのに良くも悪くも進展しないし、べとべと感が気持ち悪い。でも、このところ月曜日の仕事をすっぽかす?!ことが多いので、とりあえず出勤。

ちょうど鎖骨の部分が、着衣に触れるだけでも痒いというか、痛いというか・・・むずむずする。一箇所だけうなじ?というか、首の髪の生え際にぷっつり大きいのが触れる。この大きいのだけは痛い。どうしても自分では見えない部分が多くて、手に負えない。さて、どうしよう?気持ち悪いしなぁ。

出勤後、やはり今日はお休み扱いにして病院にいったほうが良さそうと判断、それでも10時からの会議にだけは出席。この1週間の予定は正しく把握しないとまずい、近隣の施設と一緒のイベントがあるのだ。終わってから、早速調べた病院に向かうことに。

暑い車で・・・それが一番しんどい感じ。病院は調べていったのに・・・ボケボケしてるのか、場所がわからなくなり途中で確認しなおす。駐車場はあるらしいとのことだったが、病院前に空きがあってすぐに停められた。

普通初診だと、保険証出して「今日はどうしましたか?」なんて聞かれるのが常だが、「お待ちください」だけで待合室で待つことに。混んでるのか?空いてるのか?皮膚科に通った経験がないために・・・そのまま椅子に座る。

# ここの病院の待合の椅子はどれもすごくやわらかい
# 腰が悪いお年寄りにはしんどくなりそうなくらい座ると沈む
# ついでになんとなく病院内がピンク色で落ち着かなかった

どのくらい待った?15分か20分位して「momoさ~ん」と診察室に呼ばれる。先生はちょっと貫禄ありそうな?!妙齢の女医先生。助手の女性?看護師?にこちらに座ってください、と言われた診察台に座り、症状を説明する。

ポロシャツを脱ぎ、肩を見せるや否や「タイジョウホウシンです」と先生が仰った。??ン??momoは状況がわかっていない??、ああそうですか・・・みたいな返事をすると、さっさと薬の飲み方の指示をされる。

今日は昼から2時間おきに5回飲んでください。
血中濃度が一定であることが大事ですから。
水疱瘡をしていない子供には頬ずりしないこと。
明日また来てください。
何かほかに質問は?

直接言われたのはこのくらいか?あとは看護師さんに指示して、2種類の薬をつけて、下着が当たる部分だけガーゼでカバーしてもらう。明日は仕事でどうしても来れない旨を話すと、あさっては?・・・評判は聞いていたが、毎日通わせたいらしい。あさってなら夕方でよろしければ、と話して、診察終了。

看護師さんが、あさってなら午後6時まで来れるなら大丈夫よ、と教えてくれる。ポロシャツを着て、診察室を出た。

3日分の2種類の内服薬、2種類の外用剤を受け取り、2590円也。もらった内服薬は、抗生物質と鎮痛消炎剤。これで治るのならお安い御用?!

帰りにコンビニで昼ごはんを調達。仕事に戻り(って休日にしてあるんだけど)タイジョウホウシンを調べ、薬を調べ、言われたとおりにお薬は内服する。

帯状疱疹である。水疱瘡のウィルスが身体の神経節に残っていて、それが免疫力が落ちた時に皮膚に出てきて悪さをするらしい。出来るだけ早く診察してもらうと、薬で早期に回復するらしい。日曜の発見、月曜の診察は・・・早いうちか。

発疹が出る前に、神経症状が現れることも少なくないらしい。確かに前日の土曜の夜に、左の首筋あたりが若干痛み、左のあご関節が腫れた感じ?で、冷やして寝ている。これが前兆だったのかもしれない。

普通、身体の片側に水疱がでる、帯状にでるから帯状疱疹。神経節から皮膚に向かって?ウィルスが悪さをするので、場所はいろいろなところに出るらしいが、わたしはちょうど左側のリンパ節付近か。水疱瘡と同じウィルスが原因。水疱瘡の経験がない子供にはうつる可能性があるので、まずいらしい。

土日のイベント・・・参加するのはまずそう。

だらだら書いたけど、こんな1日になってしまった。
19 : 16 : 56 | clinica(momoのかるて) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

momoのご贔屓

Sky Clock

プロフィール

momo3

なんの話?

この頃の様子・・・

この頃のCOMMENTS!

この頃のTRACK BACK!

RSSフィード

捜しモノはナンですか?

ご意見・その他はこちらから~

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。