スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

雪という短い詩

三好達治さんの詩に『雪』という2行詩があります。本文は載せませんが、太郎さんの眠る屋根に雪が降りつもり、次郎さんの眠る屋根に雪が降りつもる、という意味の言葉で綴られたものです。解釈はちょっと本物とは違うかもしれませんが。

Taroさんのことでいろいろ心配したり、ぢろさんのことであたふたしている「momo」は、この『雪』という2行詩を時々思い出します。Taroさんが安心して眠れる屋根に雪が積もらないことを願い、ぢろさんが安心して暮らせる屋根をmomoが支えなくっちゃ、と。

そんな解釈が正しいとは思わないのですが、時々この詩を思い出します。他愛ない話でした・・・。
Taroさんの名前、ぢろさんの名前は、ちょっとこれをパクッてるかもね・・・・。
スポンサーサイト
19 : 15 : 00 | essere(ときのは ことのは) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今日(昨日)のお勉強(労基法:復習2!) | ホーム | 久しぶりの太極拳>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://momo3diro3.blog14.fc2.com/tb.php/114-833160a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

momoのご贔屓

Sky Clock

プロフィール

momo3

なんの話?

この頃の様子・・・

この頃のCOMMENTS!

この頃のTRACK BACK!

RSSフィード

捜しモノはナンですか?

ご意見・その他はこちらから~

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。