スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

導入まで~その2 どうして?

いまでもCAPDをしているというと「どうして?」と言われる。HDが当たり前、が現在の透析環境なんだろうな、と思う。ぢろさんが最終的にCAPDを選んだのは、ももの実感は以下のとおりです。

1.食事療法が緩和されること
 腎不全保存期の食事療法はかなりきつかった。ももが音を上げそうになるくらい。
 ぢろさんは食べることが好き、今では以前ほどではないけどそれでも「食べたい」思いが強い。
 もちろん、制限がないわけではないけど、HDに比べて導入時はそれほどきつくない。
2.血を見るのが怖い?!
 先日の診察時も「ぢろさんはいつも採血の時、下見てるのね」と検査の人に言われるほど怖いらしい。
3.身体に優しい?透析方法だと ぢろさんは思ってる
 HDの場合、2日か3日でその間の身体に溜まった不要物を4時間程度で一気に濾し取る。
 CAPDの場合、1日4回の液交換はあるけれど、常に身体を平衡状態で不要物を除去する。

お医者さんの中でもCAPDを毛嫌いする?人もいるようですし、透析者の中でもCAPDを知らない人もいます。どうして?と聞かれると、ぢろさんが(=わたしたちが)リスクを含めて治療法を選んだ、と言っています。生涯続けられる治療ではありません、残念ながら今のところは限りのある(時限付きの)期間だけしか出来ない治療方法でもあります。

それでも今の「QOL」を選びました。もし続けられるのなら、いつまでもこのまま続けられれば、とは思います(現在のところ問題がなくても、将来問題が出る可能性はあるし、これまでも安定でよい状態が続いているわけではありません)。ただ、自分の身体は自分で診ることが大切だと、少なくとも興味を持ち続けることが大事だとももは思っています。

将来HDに切り替えるか、併用になることも考えられますが、今のぢろさんに出来ることを残しておきたい、それがももの思いです。ぢろさんに伝わるか?は別ですが。この不自由の中で『出来る限りの自由』を手に『将来に備えたい』と思うのです。移植も在宅透析ももっと不便なく出来る時代になれば、それまでの通過点でしかないかもしれませんが、一縷の望みを込めて、今を生きています。
スポンサーサイト
22 : 45 : 00 | dialisi(PD) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<最初の3連休最終日 | ホーム | ちょっと思ったこと>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://momo3diro3.blog14.fc2.com/tb.php/132-5a1abb52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

momoのご贔屓

Sky Clock

プロフィール

momo3

なんの話?

この頃の様子・・・

この頃のCOMMENTS!

この頃のTRACK BACK!

RSSフィード

捜しモノはナンですか?

ご意見・その他はこちらから~

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。