スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

CAPD外来(36回目)

今日の検査:血液検査6本セット、胸部・腹部X線各1枚

病院に着くなり・・・主治医のG先生が内科の方に歩いていく。こちらには気が付かない?いつものように白衣のポケットに手を突っ込んで、うつむき按配で。

momoが飛んでおうちに帰ったとき、ぢろさんはどうやら眠っていた?!朝起きてシャワーを浴びて液交換後にも・・・。昨日の夜もよく寝てたようだけど。疲れてるのかなぁ。

いつものように腎センターに行ってから、検査に。血液検査はいつものとおり。でも、今日はお腹が空いた・・・というぢろさん、X線を撮ったあとで、病院でふたりで1個ずつおにぎりを食べてから・・・軽めのお昼を食べに行った。

軽食風の食事が出来るところだが・・・今日はこの食事でひどい目に。ぢろさんが食べたボンゴレビアンコ、以前食べた時はどうってことなかったのに、今日はにんにくチップが多かったらしい。食後、すごい匂い!ブレスケアのようなシートを口にしたり、ガムをかんだり。何をやってもすごい匂い!隣にいるmomoのほうが気分悪くなりそうだった。

病院に戻っても、匂いが気になってマスクをしたぢろさん。匂いは変わんないって、今日はちょっと無口になる・・・。

今日は・・・待ち時間が長かった。病院に着いた時点で外来のない主治医が内科に入っていったので予想は出来たが・・・1時間半は待たせてもらった。いろんなお話を聞いて待っていたが、まだ眠そうなぢろさん。さてさて・・・。今日はそれでも待合室の人の数はなんとなく少なかった。

診察に呼ばれてはいると・・・どうやら外来がなかったのに、外来で4人ほど診察して2人入院させたと話すG先生。一人の方は低K血症だって。Kが1.9だったらいつ倒れてもおかしくない!多分、なんだかんだ言っても、入院の説得に時間がかかったんだろうなぁ。

朝、ボケボケでシャワーを浴びたと思われるぢろさん、腹まきするの忘れたんだって。口にしなければわからないのに、ばればれ。尿酸がたか~い!今日はさすがにHのマーク。やはりビールはNGかな。

Pは5.5、と結果を読まれた時に、ぢろさんとmomoが思わず「5.5かぁ~」とハモってしまった。2人でハモってるよ、と笑われる。まあ、Pが下がるわけがない?!3週間だったので、ちょっと反省。

昨日寝る前に梨を食べたが・・・Kは4.3でOK、中性脂肪は相変わらず高い。G先生に空腹時に測定してるとばらしてしまったので・・・先生もちょっと気にしてる。血液吸着でもして貰えば?と言ういぢわるなmomoの言葉に、CAPDでは下がらないし、HDだと下がることは下がるとのG先生のお言葉。

今から?教育的にHDの話も振っているのか?ぢろさんはいろいろと勘ぐるけど、G先生は聞けば何でも説明に手抜きはしない。

コレステロールはフォスブロックを飲むようになってから下がってる。副作用としてあると聞いたけど、そういう人もいるが、善玉も下がる、とのことだった。エパデールを最初に貰った時は下がったけど・・・S先生が処方した時に、という話で懐かしい?S先生(以前の主治医)の話に。食事注意しろといわれた?とか、今はO市?K市だったけか?偵察に行って、バイトにでも来ないか?と聞いて来てくれだって。主治医は相変わらず忙しそう。

動脈硬化の心配、心臓に負荷がかかれば・・・という話をしたが、心胸比は46%、以前より写真自体はきれいな感じ(ぢろさんの感想)、心臓が肥大したり肺に水がたまってる雰囲気はない。カテーテルは経路がちょっと中央よりずれている感じだが、下向きで下まで入っている様子。今日はなぜか?腎臓がこれで、このくらい萎縮してる・・・という解説まであった。右が指の太さで1本分、左が2本分小さいとのことだった。やはり腎臓と呼ぶには小さすぎるほど萎縮している。

エポジン9000単位だったが、今日の検査結果はHt35%、Hb12を越えていた。貧血はほとんどない。このところこの辺は順調?!

次回は排液検査、PETの件は年内に入院なしでやれるようにしたいとの事。何とかお願いしますね~。
このあと、今日の診察で一緒だったSさんと営業A女史とぢろさんが液交換している間におしゃべり。

A女史に「中皮細胞診のWeb知ってます?」と訊かれた。知ってます、○○病院のでしょ?どうやら資料を用意して、主治医に渡すらしい。PETも主治医と打ち合わせて、年内に実行できるように手配している様子。よろしくお願いしますね~、もうすぐ丸二年だから。

ぢろさんがいないから、momoに聞いたのかもしれない。時々momoには話しかけてくるSさん、旦那さん精神的におかしくならなかった?と訊かれた。

ぢろさんは・・・20年前からいつかは悪くなる可能性があるといわれていたから、透析の宣告には動揺したけど、それでおかしくはならなかった、と話す。ぢろさんの予定では50歳までなんとか導入しないで済めばいいかな~と思っていたと。Sさんはかなり急な?導入だったらしい。人生設計が全部狂った上に、おかしくなりそうだった、仕事や家族のことを思うと・・・と話してくれた。みんな乗り越えてくる、突然でも、いつかがやってきたとしても、この部屋に通ってる人たちはみんな経験している導入時の不安。

ぢろさんの手術は・・・あまり長くてシャントに切り替えたのかと思った、と話すと、Sさんの時は主治医のG先生と執刀医のF先生は「今晩何食おうか?」と話していたとか。ふふふ、あの先生たち仲良しなんだなぁ、momoはF先生にはご挨拶していないけど。

処方箋とカテケアセット、次回の予約票を貰って、Sさんが先にお帰り。ぢろさんの液交換が終了してわたしたちも退室した。

主治医のG先生、2人も入院させることになった割には比較的元気だった。昨年煩った時はちょっと痩せたが、最近少し戻ってお元気そう。入院した患者さんが切迫した病状だと結構怖い顔してることもあるんだけど・・・笑う余裕はあったみたいだし。

# 糖尿の先生って・・・自分のことじゃないよねぇ。
# 先生がご自身のこと気をつけないと・・・と心配なmomoとぢろさん。

今日も情報満載?!の診察でした。
スポンサーサイト
20 : 40 : 13 | giornale(ぢろさん編) | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<今の季節になると・・・(APMPPEの巻:1) | ホーム | CAPDな生活(その2):導入時に用意したもの>>
コメント

ずいぶん昔の話なので良く憶えていない。
塩分制限のしすぎ?で疑似脱水症状になり、生食点滴を受けた事があった。
その時が飛び込みだったのかも知れない。

あ 飛び込んだと言っても、救急じゃ無いよ。
主治医が出ていない日の内科外来だから。

by: Taro * 2005/09/24 08:03 * URL [ 編集] | page top↑

Taroさん、その時何が悪かったんだろ?点滴でおさまるって。

ぢろさんは・・・救急に飛び込みはなかったけど、導入前の入院時には「骨折するなよ~、車椅子で入院なんて洒落にならんぞ~」と脅されました。

今回G先生は・・・紹介状でご指名だったのかな。ついでに救急?電話でこれから行きたい・・・Taroさんと一緒か。CAPD外来があるから、××時まで来てください、と言って病院に来てもらったらしいけど。

Taroさんは・・・心臓の心配もあるからなぁ。無理してないよね?毎度訊くけど。
by: momo * 2005/09/23 11:02 * URL [ 編集] | page top↑

私も、外来当番?で無かった主治医を呼び出した事があります。

導入直前、体調を崩し予定外で外来に飛び込みました。
運悪く?担当したドクター 血液検査結果を見ると
「私の手には負えない」と、看護婦に指示して私の主治医にポケベル。

しょうがねぇなぁ・・みたいな顔して現れた主治医と、空いていた診察室へ。
数人の医師で兼用する自分の診察室は、当日他の医師が使用中でした。

確か、慣れない椅子が・・とかブチブチいいながら点滴でもしたのだろうか。
詳しいことは、昔の事で忘れてしまった。

腎不全末期の患者は、腎臓医以外は触りたがらない。
その時感じました。

by: Taro * 2005/09/22 22:01 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://momo3diro3.blog14.fc2.com/tb.php/238-a7fec62d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

momoのご贔屓

Sky Clock

プロフィール

momo3

なんの話?

この頃の様子・・・

この頃のCOMMENTS!

この頃のTRACK BACK!

RSSフィード

捜しモノはナンですか?

ご意見・その他はこちらから~

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。