スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

CAPDな生活(その10):お風呂

お腹にカテーテル・・・一番気を遣うのはお風呂かな。

それまでは温泉好きのぢろさんですが、カテーテル留置後はさすがに・・・おうちのお風呂が小さいので苦労してます。

随分間が空きましたが、検索ワードでこちらに来た方にもお役に立てそうなことをこちらに追加していきます。
自宅のお風呂場に用意したものは、大き目のお風呂椅子と取っ手のある手桶。これがあったほうが便利かな~というだけですが。

介護用ではないですが、売り場で一番大きなお風呂椅子。これはお腹が大きくて低い椅子では苦しそうなので選びました。手桶は安物ですが、湯船のお湯を汲むときに少量で楽そうなので。

お風呂に入るために必ず必要なのは、カテーテルをしまうカバー。病院ではストーマ用のカバーをメーカーから紹介されましたが・・・水がかなり入ってしまうのと、粘着が弱いために購入したけどほとんど使いませんでした。

そこで、メーカーのA女史に教えてもらったパルメディカルの入浴カバーを現在愛用中。いわゆるキャップのシステムの場合と違ってチューブがかなり長いので、大き目の長方形型のカバーを使用しています。

一番気になるのがカバーに水が入ること。これは貼り方のコツがあるので慣れるまでは難しいようでした。最初の頃は、他のテープでカバーしたり、腹巻着用のままで入浴してました。

CAPD導入した方であればわかりますが、お風呂は必ず1番風呂。沸かしなおしも、誰かの後ってのもNGです。いつも新しいお湯で、入浴剤も禁止・・・と言われています。

# 消毒用の入浴剤ではないお風呂に入れるものはあるのですが
# これは医師の判断がないと上記パルメディカルでの購入も
# 出来ませんでした・・・一応トライはしましたが。

出口部が安定すると、きれいに流すだけであればシャワーで直接流すことも許可されていますが、怖くてできないぢろさんです。

ちなみに時が経つにつれて・・・おへその位置が中央から移動してきています。Taroさんも身体の中央からズレテルと聞いたことがあるけど。

お風呂から上がったら、必ずカテーテルケアをします。そしてそれに続いて液交換を。お風呂で不都合があれば、排液に濁りがでるとのことですが・・・未体験ゾーンです。体験はしたくはないですが。

温泉に入るときは気になるのがチタンコネクタ。これが錆びてしまうのが困るので、最初のうちは気にしていましたが、最近は特に注意を払いません。回数が少ないのと、出る時に出来れば上がり湯で身体を流してくれば、今のところ問題はありませんでした。

温泉・湯船にジャポーン!と入る楽しみだけは残したいから、とHDを選択した方も知っています。

温泉の話は、また今度。以前の小旅行にも書いてありますのでご参考に。
スポンサーサイト
17 : 34 : 07 | dialisi(PD) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2005年の検索ワードの集計結果 | ホーム | 明けてしまいました・・・>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://momo3diro3.blog14.fc2.com/tb.php/275-7ad70f8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

momoのご贔屓

Sky Clock

プロフィール

momo3

なんの話?

この頃の様子・・・

この頃のCOMMENTS!

この頃のTRACK BACK!

RSSフィード

捜しモノはナンですか?

ご意見・その他はこちらから~

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。