スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

PETの結果はどうなってるんだろう?!

Peritoneal(腹膜) Equilibration(平衡)Test(試験)のことです。Positron Emission Tomography:陽電子放射断層撮影法はガンの検査で行われますが、それとは違いますのであしからず。
CAPDをやっている方なら1度は聞いた事がある検査だと思います。簡単に言えば、腹膜からの毒素の抜け方、水の抜け方を見る試験です。

本当はどうやるのかは・・・momoは???ですが、ぢろさんはCAPD導入時の入院中に『JMSの当時の営業さんとわたし達が』非常に強く望んで検査をしてもらいました。

とはいえ、まだCAPDをはじめたばかりで、良いも悪いもない・・・に近い状態ではありましたが、初期値が欲しい!とわたし達は願い・・・嫌がる?!主治医にお願いしました。

# どうして嫌がったのか・・・は、のちに知ることになりました。

当時の検査方法も簡易法でしたが、
(1) 24時間蓄尿(入院中は毎日でしたが)
(2) 濃度の違う透析液(1.55 w/v%と2.27 w/v%)を交互に入れる、各3回ずつ
(3) 手技や時間の管理はコーディネータと呼ばれるJMSから来た別の人がする、検体は病棟の看護師さんが採取
(4) 時間は1日+9時間半
(5) 血液検査の採血は時間に合わせ病棟看護師さんが行う
というものでした。この時の蓄尿量は1800ml程度。

そして、どうでもいいと思っている主治医G先生にとって、その結果なんて100人以上抱えているHDの患者さん達の中で5人しかいないCAPD患者の、更に先生自身が乗り気でない検査の結果なんて・・・結局私たちの手元に、耳元にも届くことはありませんでした・・・。

# 乗り気でなくとも、結果を説明しなくても
# 検査結果はちょうだいよ~!と何度も噛み付いたけど
# 先生の机の山の中からその結果は未だ発見されていないか
# もしくはすでに処分されたか・・・

# そして検査結果を知っているJMSの営業A女史は・・・
# 結果を知っていても『医者じゃないから』教えられないと
# 頑なに結果については教えてくれませんでした。

ぢろさんの主治医G先生は、基本的にPETの結果をあまりアテにしていない、というスタンスらしい。PETが良くても悪くても、それはその時点での測定結果で、PETの結果が悪かろうが良かろうが、排液がにごったり排液中の細胞数が激増するほうが・・・結果がすぐにわかるし・・・と考えている様子。

昨年秋ぐらいに、『もうすぐ丸2年だから、先生PETやりませんか?』と振ったところ、『やろう!』という返事が返ってきたのは意外だった。どうやら、透析医学会の統計データにPETの結果が必要?!らしい・・・と先生自身が白状?!

言いだしっぺはぢろさん+momoでしたが、検査の順番は何故か一番最後。「看護師が慣れてきた頃でちょうど良いかも」ってまったくどういう意味なんだか。

今回の検査は、入院なしで
(1) 24時間の蓄尿
(2) やはり濃度の違う2種類の透析液(1.55 w/v%と2.27 w/v%)を交互に使う。今回は各2回ずつ
(3) 時間の配分はJMSでスケジュールしてもらうが、手技は本人、検体の採取は看護師さん
(4) 時間は丸1日(今回は16:00スタート)
(5) 採血は腎センターの看護師さんが行う
という感じで、まあ前回と大体同じだけれど、手技は本人・検査時間が大きく違うかな。

ちなみにこの時の24時間蓄尿は・・・2Lの容器を病院から買っていったのですが、『今回はこれで足りるだろう』というぢろさんの自己判断。しかし結局足りなくて(一杯になってしまって)自宅のペットボトルを1本洗って追加で尿を溜めました。たしか2400mlぐらいだったと思います。

もしかしたら前回の診察で・・・結果が聞けるかもしれない、と営業A女史に聞いていたので・・・・期待していましたが、残念ながら検査結果はまた先生の机の上のもくずと化してしまったらしい。

『もしかしたらもう1袋増やすようかも・・・・』という真顔の主治医の言葉に・・・ぢろさんは愚かにも密かに怯えている!(momoはからかわれただけだと思うんだけど)。一応口が堅い営業A女史は、前回と変わらない結果でしたよ、とだけ先に教えてくれました。

次回の診察、momoは出張で同席できないのに・・・。とちょっと主治医の前で悔しがって見せてきたので、次回こそは結果をゲットしたいよ~。

# ちなみに最近病院のカルテのシステムが変更になったらしい。
# 前回は検査した心電図の結果を・・・表示できなかった。
# をいをい・・・だけど、先生が忙しいことは『み~んな』知ってるから
# 次回までには是非覚えておいてね~
スポンサーサイト
20 : 45 : 00 | dialisi(PD) | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<腎不全の妻(結婚前後の気持ち) | ホーム | THE LEGEND OF ZORRO(映画)>>
コメント

PETかぁ
PD末期に・・と言うより、PETによりPDが末期になったと言うべきかな。
透析液メーカの指示書に基づいて主治医と看護婦で行われた。
数年前の事で詳細は忘れたが、時間は5~6時間かな。
私も、検査結果の生データは見たことが無い。

そして、診断結果は 除水不足。
対応としては、強力な除水が得られる液を使う方法があるが、
透析(毒素抜き)効率も時間の問題だろうと、とりあえず3時間週2回のHD併用

直後、CT画像に腹部の影があると。
それを腹膜硬化の初期段階の可能性とされ、結局はHDに完全移行でした。
納得いかないままの強引な移行で、その 気分的しこり は、今でも残っています。

そして、出口部感染が完治せず、腹のチューブを抜いてPDから完全撤退でした。

by: Taro * 2006/02/07 23:46 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://momo3diro3.blog14.fc2.com/tb.php/356-277ad83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

momoのご贔屓

Sky Clock

プロフィール

momo3

なんの話?

この頃の様子・・・

この頃のCOMMENTS!

この頃のTRACK BACK!

RSSフィード

捜しモノはナンですか?

ご意見・その他はこちらから~

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。