スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

インファイナル アフェア 3部作

マーティン スコセッシ監督の「THE DEPARTED」がアカデミー賞を獲りましたが、劇場には見に行きませんでした。だって、ディカプリオでしょ?主演が。momoはどうもあの有名な『タイタニック』が好きになれないの。momo母は好きなのか?ビデオを持っていたので借りてみたんだけどね、どうしてもディカプリオがダメなの。

ということで、脚本をハリウッドが買ったという原作、インファイナル アフェア の3本を借りて来て見ました。

ぢろさんのチョイス。だってこの時期、番組の入れ替えでつまらない特番が増えるんだもの・・・
デパーテッドの原作は1作目。2作目は1作目より前の時代設定なので・・・アンディ・ラウもトニー・レオンもほとんど出てきません。そして3作目は1作目のあとの時代設定で、1作目のリフレイン部分が各所に・・・。



内容としては断然1作目が面白かった。続編は付け足しにも思えますが、まあまあかな。

ちなみに
Infernal affairs (映画の中では 無間地獄という題字が出ます)
Infernal affairs II 無間序曲
Infernal affairs III 終局無間
という漢字のタイトルもあります。

マフィアのサムの手下で、警察に潜入するラウ(アンディ)とマフィアに潜入する潜入捜査官ヤン(トニー)のお話。内容はすでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、運命というか宿命ともいえそうな、よく練られたストーリーです。やはり映画は「出演者」ではなく「原作・脚本」が大事なんだなぁ、と実感。

# 最近のハリウッド映画は投資対象ですから、
# おもしろい原作・脚本よりも「お金になりそうな出演者」志向が強いと思う
# B級の映画ファンのぢろさんとmomo。

個人的には、トニー・レオンが気に入りました。これまでも何作か観てる筈なんだけど、あまり印象に残っていませんでした。この作品では、ヤンを非常によく演じていると思いました。

どうでもいい情報ですが・・・映画を実際に作った会社の名前でしょうか?『基本映画』という題字。香港映画・中国映画の表記が結構楽しい。英語と漢字が併記されているものが多く、漢字の表記がなかなかすごい。ぢろさんもmomoもおばかだから、2つの表記でやっと意味がわかるというのが実際かな。

中国の最近の映画は、簡化文字が多いですが、香港映画は「文化大革命」の影響を受けていないので旧字?というか、非常に難しい昔の文字のままで表記されているものが多いそうです(ぢろさんの情報なので間違っていたらごめんなさい:信用していないmomo?!)。

香港マフィアvs.香港警察の話ではありますが、娯楽活劇としては、損をしない映画です。時間がない人は、せめて1作だけでも。最近観た映画の中では、★★★★★のオススメです。
スポンサーサイト
15 : 00 : 00 | scaffale(書棚) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1リットルの涙の特別版 | ホーム | X線作業主任者試験の結果発表>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://momo3diro3.blog14.fc2.com/tb.php/538-02c2f947
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

momoのご贔屓

Sky Clock

プロフィール

momo3

なんの話?

この頃の様子・・・

この頃のCOMMENTS!

この頃のTRACK BACK!

RSSフィード

捜しモノはナンですか?

ご意見・その他はこちらから~

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。