スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ハンニバル ライジング

久しぶりの映画館。何を観ようか悩んだ末に、これをチョイス。

http://www.hannibal-rising.jp/
ハンニバル と言えば、アンソニー・ホプキンスの顔が浮かび上がる。これまで公開になった映画のハンニバル博士が生まれるまで・・・・を描いたもの。脚本に原作者のトマス・ハリスが関わったらしい。

ハンニバル・レクター博士の時間を軸にすれば、作品は
ハンニバル・ライジング
レット・ドラゴン
羊たちの沈黙
ハンニバル
という並びになるが、実際の公開時期はその順ではないので注意。

ハンニバルを演じたギャスパー・ウリエルを見ていると、MONSTER(滝沢直樹 画)のヨハンを想起させる。ハンニバルが人食いの狂気なる殺人者に変遷していくその過程も、ある意味ヨハンの変遷にだぶる。戦争という「狂気」が起こす悲劇なのだろうか。

そして、日本人が知らない戦争を見た気がした。日本は島国で、第2次世界大戦ですらその囲む「海」に守られていた感がある。もちろん戦禍の地となった沖縄はあるわけだけど。

国境が存在する地続きのヨーロッパでの戦争は、わたしたち日本人が知る戦争とはまったく違うのではないか?という疑問をおぼえた。そして知らない戦争という恐怖がひたひたと足元に忍び寄ってくるような感覚になった。

原作を読んでいないけれど、もしかしたら「MONSTER」と同様に、多数のサイドストーリーの盛り込まれた作品なのかもしれない。

最後にCASTのテロップが流れても、かすかなひんやりした恐怖感が背中に残る作品でした。

『レッド・ドラゴン』がはずハズレだったと思うものの、作品の製作順にシリーズを見てきたmomoとぢろさんにとって、この手のホラー(というべきか)・ミステリー(というべきか)は、ある意味「静かな恐怖」が「狂気」に変貌する瞬間を見た気がした。

原作も読んでみようかな・・・
スポンサーサイト
22 : 30 : 00 | scaffale(書棚) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<診察で・・・ | ホーム | エポだけの通院+久々の映画>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://momo3diro3.blog14.fc2.com/tb.php/544-1b09a55d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

momoのご贔屓

Sky Clock

プロフィール

momo3

なんの話?

この頃の様子・・・

この頃のCOMMENTS!

この頃のTRACK BACK!

RSSフィード

捜しモノはナンですか?

ご意見・その他はこちらから~

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。