スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

移植外来 1回目

歯の治療が終了したと、ぢろさん御用達の歯医者さんに言われ・・・・生体腎移植のための紹介状をもらうことにしました。
歯の治療は、移植のための最大のネックになった治療。これが終わって、ぢろさんの気持ちが移植に傾いたら、とりあえず紹介状をもらって移植病院の門をたたくつもりでした。

ちょうど、ぢろさんの強制?有給取得日にうかがうことに。

この移植の大先生(と病棟でも呼ばれていた・・・・)、多分医者でなくともどんな職業でもできそうなくらい「お話」がお上手です。

流されないように、いいことだけ聞いて悪いことは知らなかった・・・・とならないように、知りたいことはなんでも聞くように、かなり構えて話を伺いました。

わかっているのは、
momoはO型、ぢろさんはA型=血液型の問題は比較的重篤ではない。
momoはクレアチニン0.5を記録したことがあるくらい、とりあえずの腎機能には問題がない。
momoは血尿でこのところ引っかかっている。

名前を呼ばれて診察室へ・・・・この部屋だけ独立していることはその時知った。

血液検査のために、ぢろさんもmomoも並んで検査室へ。並んで血液検査なんて・・・・これまでないから何となく変な感じ。かなりの本数(多分7本か8本)の血液のサンプルが採取され、尿検査も行う。

今日は検査だけ。でも、『ここに来るってことは、移植するのが前提だよね』という感じに見えた大先生。それってこっちがひねくれているんだろうか?
スポンサーサイト
23 : 00 : 00 | Trapianto(移植) | コメント(0) | page top↑
<<今年の映画 | ホーム | 移植前夜 #1>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

momoのご贔屓

Sky Clock

プロフィール

momo3

なんの話?

この頃の様子・・・

この頃のCOMMENTS!

この頃のTRACK BACK!

RSSフィード

捜しモノはナンですか?

ご意見・その他はこちらから~

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。