スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

帯状疱疹 その後#1

詳しい経過は続きに書きますが、7/31の朝に発覚、8/1午前に皮膚科受診・・・・・今はほぼ治まりました。ただ、痕が残らないように?まだ週1回の通院を言い渡されているmomoです。

帯状疱疹なんて自分でなるとは思わなかった。雅子さまで有名になった?病名。momoは比較的軽かったと思われる。それでも痛みが取れるのに約2週間程度、まだぼつぼつの痕は残っています。

もともとは水疱瘡と同じウィルスが原因ですが、水疱瘡は最初に感染して発病したもの。帯状疱疹は、1度罹った水疱瘡のウィルスが神経節(どこなんだろ?)から免疫力が落ちた時に暴れだすもの・・・だそうです。

momoの場合、抗ウィルス剤を1週間服用、痛み止めを10日程度服用、塗り薬を3種類、そして今は保湿剤(ヘパリン入りって書いてるけど・・・)を使用しています。
7/31朝 左鎖骨辺りに赤い発疹発見。痒くないけど不安で、薬局で薬を購入
8/01午前 痒くないのが不思議?!表面がひりひりする感じで皮膚科受診
  この日の処方:抗ウィルス剤3日分・痛み止め3日分・塗布薬2種類
8/02 どうしても仕事でこの日は通院不可。ちょうど左鎖骨の出っ張っているところが擦れて痛い。タオルを肩に止めて暮らす。
8/03~8/09 日曜日以外は毎日皮膚科に通う。途中でかゆみ止め処方。抗ウィルス剤はちょうど1週間飲む。痛み止めはもらっても、抗ウィルス剤が終わった頃から痛い時だけ飲む。ほとんど追加の分は飲まなかった。
8/17 お盆休み明けの病院に。痛くないからもう来なくていいの?と尋ねたら、きれいになるまでおいで・・・温泉は長湯しなければOKとのことだったので、これから水曜日に通院する予定。
スポンサーサイト
18 : 00 : 00 | clinica(momoのかるて) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日経サイエンス2005年9月号 | ホーム | カーボンナノチューブの材料科学入門>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://momo3diro3.blog14.fc2.com/tb.php/90-5222f36b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

momoのご贔屓

Sky Clock

プロフィール

momo3

なんの話?

この頃の様子・・・

この頃のCOMMENTS!

この頃のTRACK BACK!

RSSフィード

捜しモノはナンですか?

ご意見・その他はこちらから~

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。